アイムピンチの副作用は大丈夫?全成分を1つ1つ解説

アイムピンチの副作用と全成分 アイムピンチの副作用

「アイムピンチって副作用とかないの?」と安全面が気になっているあなたのために全成分を1つ1つ解説していきます。

安全性を確認してからアイムピンチを買おうと考えているならぜひ参考にしてみてください。

アイムピンチの副作用は大丈夫?全成分を1つ1つ解説

水、グリセリン、BG、スクワラン、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ペンチレングリコール、ベタイン、バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、α-アルブチン、ハトムギ種子エキス、、プルーン分解物、ハマメリス水、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール

こちらがアイムピンチの全成分です。成分をそれぞれ解説していきます。

多くの化粧品のベースになる成分。水に各成分を溶かしこみ化粧品になる。

グリセリン

代表的な保湿成分。

BG

代表的な保湿成分の1つ。抗菌作用もある。

スクワラン

人肌の皮脂に含まれるスクワレンの元になる成分。

肌馴染みが良く、水分蒸発を防ぎお肌を保護するエモリエント作用がある。

トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル

油性成分の1つ。皮膜を作り化粧崩れを防ぐ。

ペンチレングリコール

保湿成分。抗菌作用もある。

ベタイン

保湿効果があり、帯電防止もしてくれる成分。

バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液

大豆抽出物と米ぬかを納豆菌で発酵させた成分。

お肌のハリにおく保湿力が期待される成分。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿成分の1つ。

水溶性コラーゲン

代表的な保湿成分の1つ。

加水分解水添デンプン

保湿作用。泡立ちを押さえてくれる作用もある。

グリコシルトレハロース

保湿作用がある。加水分解デンプンと一緒に使われることが多い。

α-アルブチン

医薬部外品の美白成分としても使われることがある成分。

ハトムギ種子エキス

保湿作用やお肌を整える作用がある成分。

プルーン分解物

保湿や紫外線に強い成分。

ハマメリス水

お肌を引き締めてくれる成分。

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

お肌を引き締めてくれる成分。紫外線にも強い。

カミツレ花エキス

お肌を引き締める作用。抗菌性もある。

トウキンセンカ花エキス

お肌を整えてくれる成分。

フユボダイジュ花エキス

お肌を整えてくれる成分。保湿も期待される。

ヤグルマギク花エキス

お肌の引き締めや肌を整える成分。

ローマカミツレ花エキス

お肌を整えてくれる成分。

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

増粘剤と乳化剤を兼ねている成分。

安全性が高く、多くの化粧品に使われる。

カルボマー

代表的な増粘剤。アルカリ性の成分を混ぜて中和すると増粘する。

水酸化K

アルカリ性の成分でカルボマーと混ぜて増粘させるために使われる成分。

フェノキシエタノール

防腐剤。玉露にも含まれていて空気の中にもある。

基本的に安全。ただ、肌のバリア機能が壊れている人が使うとまれに刺激に感じるケースもある。

まとめ

アイムピンチは副作用が気になるような成分はありません。

ただ、肌のバリア機能が壊れていると刺激に感じるケースもゼロではありませんので、注意しましょう。

アイムピンチはお肌に合うのか心配な方でもお試しコースで安く購入することができるので、お肌が弱い方でもお試ししやすいのが特徴です。

アイムピンチの悪い口コミの対策について書いた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました